景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
黒尊渓谷の神殿橋の下にある砂防ダム
IMG_2844
四万十川の支流、黒尊川沿いの渓谷は紅葉の名所として有名なところ。特に神殿橋周辺は多くの人が訪れます。で、橋の下には石積みの立派な砂防堰堤があるんですが、これがいつできたのか、誰の設計なのか、WEBを検索しても何もヒットしません。
続きを読む...
Category:高知県
道路拡幅で出来たコンクリート絶壁に沿う河川に巨石で水制を造って近自然化
IMG_2817
前回前々回に続いて、北川川の近自然化の事例です。道路拡幅によって、巨大なコンクリートの壁が出現してます。工事中は川を仮締切してあったはずで、工事が終われば仮締切を撤去してそのままになるのが普通です。ここでは住民の要望により、水制をつくり、川の中に巨石を置き、近自然化されています。
続きを読む...
Category:高知県
コンクリート三面張に石を置いて近自然化
IMG_2802
前回、紹介した北川川の落差工を撤去した場所の、すぐ近くにあります。北川川をショートカットする前に、昔はここを流れていたであろう場所ですが、おそらく河川の断面は全然違います。宅地開発に伴って建設されたらしいコンクリート三面張のただの水路ですが、そこに石を置いて近自然化が図られています。
続きを読む...
Category:高知県
3mの落差工を撤去して、岩を掘って、ステップ&プールを造った北川川
IMG_2794
自然の渓谷みたいに、岩の間を水が段々と滑り落ちていますが、実はこれ、人工建造物なんです。もともとは高さ3mのコンクリートの落差工があったそうです....
続きを読む...
Category:高知県
鏡川の水丁場の標柱
IMG_4793
高知市の中心部を流れる鏡川は、江戸時代には12組に分かれた水防組織で管理がされていました。組ごとに管理区域(丁場)が決まっていて、その境界には「水丁場の標柱」が立っていました。写真の石の柱がそれです。
続きを読む...
Category:高知県
四万十川の口屋内の沈下橋
IMG_2747
四万十川の口屋内沈下橋は、かなり川幅の広い場所を渡っています。途中に中洲があって、その部分は橋ではなく中洲の上を歩きます(^^)
続きを読む...
Category:高知県
岩間の沈下橋
IMG_2759
ポスターにたびたび登場するので、かなり有名な四万十川の「岩間沈下橋」
続きを読む...
Category:高知県
ジャングルを抜けたら大岐の浜
IMG_5027
高知県土佐清水市の大岐の浜に行くには、駐車場からジャングルを抜けて行きます....
続きを読む...
Category:高知県
麻生堰
Untitled
高知には、江戸時代の有名な家老、野中兼山(1615-1664)による堰がいくつか残っているのだけど、ここ麻生堰は、建設時の形がよく残っている貴重な場所。
続きを読む...
Category:高知県
柏島の海の透明度に感嘆
IMG_5031
今ではほとんど陸続きに近い柏島(写真の右中央の島)ですが....
続きを読む...
Category:高知県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
LINKS
ARCHIVES