景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
新潟交通の路線バスの系統番号も[アルファベット+数字]だった
IMG_4850
新潟の街を歩いていたら、バスに表示されている系統番号が[E20]になってる。高知のとさでん交通バスの系統番号化の仕事をして以来、バスの系統番号には興味津々なんです。
さっそく、新潟交通バスのホームページを調べてみると、アルファベットは5種類。
・BRT:萬代橋ライン
・C1〜C8:新潟市中心部
・S1〜S9:南新潟方面
・W1〜W8:西新潟方面
・E1〜E8:東新潟方面
続きを読む...
Category:新潟県
萬代橋
IMG_3160
萬代橋は、誰もが認める新潟のシンボル。現在の橋は3代目で、橋長は306.9m、幅員は22m、鉄筋コンクリート造6連アーチ橋で、1929年(昭和4年)の竣工です。設計は、田中豊の弟子の福田武雄
続きを読む...
Category:新潟県
旧 金津油田 その3(最終回)
IMG_3339

その1その2、からの続きです。

山を下りると、色々な施設が残っています。
続きを読む...
Category:新潟県
旧 金津油田 その2
IMG_4923

前回からの続きです。
屋根がボロボロですが、これが2号継転機。

続きを読む...
Category:新潟県
旧 金津油田 その1
IMG_3216
旧 金津油田は、土木遺産2800選でAランクに位置づけられていたので、行ってみました。
駐車場のすぐそばに、上の写真の油井がありますが、なんだが遺産にしては小奇麗。あとで色々見て回ると、他にも遺産が沢山ありました。
続きを読む...
Category:新潟県
大河津分水 その4(可動堰)
IMG_4863

大河津分水 その1(洗堰)はこちら
大河津分水 その2(旧洗堰)はこちら
大河津分水 その3(旧可動堰)はこちら

上の写真が大河津分水路に流れる水量を調節する可動堰
分水路はこ〜んなに広い(^^;) こちらから向こうの堤防まで、幅が約700mです。
続きを読む...
Category:新潟県
大河津分水 その3(旧可動堰)
IMG_2916

大河津分水 その1(洗堰)はこちら
大河津分水 その2(旧洗堰)はこちら

大河津分水の第3回は、旧可動堰。分水路側の堰です。
かつては固定堰と可動堰の組み合わせだったんですが、今は旧可動堰が3径間だけ残っています。建設コンサルタンツ協会のホームページに、旧可動堰があった頃の写真が残っています。新旧の航空写真は前回の記事で比較できます。
続きを読む...
Category:新潟県
大河津分水 その2(旧洗堰)
IMG_3058
 
大河津分水 その1(洗堰)はこちらです
 
大河津分水の2回目の今日は、旧洗堰について。
旧洗堰は1922年(大正11年)に大河津分水が通水した時に竣工したもので、2000年(平成12年)まで現役でした。今はもう、水は流れていません。国の登録有形文化財に指定されています。文化財オンラインによると、「内務省直轄の信濃川改修工事の代表的遺構の一つで,我が国最初の本格的RC造堰」だそうです。
続きを読む...
Category:新潟県
大河津分水 その1(洗堰)
IMG_4911
上の写真が大河津分水の、本流と放水路の分岐部分なんですが、とにかく広いです!
信濃川は手前から奥に流れています。手前に見えるほうの川が信濃川の本流で、写真の右側に洗堰が見えます。奥に見えるほうの川が大河津分水路で、かなり小さく橋脚みたいなのが見えるのが大河津可動堰。端から端まで歩き回っていると、1日が終わってしまう広さで、「これこそ土木のスケールだぜ!」と言いたくなります(^^;)

続きを読む...
Category:新潟県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
LINKS
ARCHIVES