景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< iPhoneやiPadでもリマインダーのToDoリストをカレンダーの時間割に表示したい | HOME | 天神川水門が土木学会デザイン賞最優秀賞を受賞しました >>
大河津分水 その1(洗堰)
IMG_4911
上の写真が大河津分水の、本流と放水路の分岐部分なんですが、とにかく広いです!
信濃川は手前から奥に流れています。手前に見えるほうの川が信濃川の本流で、写真の右側に洗堰が見えます。奥に見えるほうの川が大河津分水路で、かなり小さく橋脚みたいなのが見えるのが大河津可動堰。端から端まで歩き回っていると、1日が終わってしまう広さで、「これこそ土木のスケールだぜ!」と言いたくなります(^^;)

 
IMG_4906
これが洗堰。可動堰になっていて、通常は新潟市内に信濃川の水を適量流し、洪水になると堰を閉じて新潟市内を水没から守ります。この洗堰は2代目で2000年の竣工です。

IMG_4902
閘門がついていて、水運も可能。国土交通省のホームページに閘門の歴史が載っています。

IMG_3096
当然ながら、堰の両側に魚道もあります。

IMG_3098
3種類あって....

IMG_3120
堰柱には、魚道観察室入り口の扉があり....

IMG_3075
窓ガラスから魚が見えるらしいんですが、今回は何も見えませんでした(^^;)

IMG_3081
石とコンクリートと金属でできていて....

IMG_3082
擬石ではなく、本物の花崗岩のようでした。いささか薄い石だけど(^^;)
もちろん、構造はコンクリートで石は化粧材です。

IMG_4900
水が流れているはずの場所を見下ろそうとすると、なぜかそこには石の壁があって、かなりビックリ!!
鉄の門扉があるはずでしょ、普通。

IMG_3139
下流側から見ると、あの石の壁はカーテンウォールだったんですね。しかし、堰柱は圧縮がかかるものだから石積みの意匠でもいいとして、カーテンウォールは曲げ材なんだから、石を貼る必要はないんじゃないかなぁ? あるいはマルチプルアーチダムみたいに、カーテンウォールをアーチ型にするという強引な手もあるかもしれませんが、しかし、そもそもカーテンウォールの下部は空洞なんだから、積層材としての石材を使うのは難しいですよね。
(カーテンウォールという言葉は建築でも使われますが、だいぶ意味が違います。可動堰や水門のカーテンウォールは、可動部分を減らすために使われます。洪水を止めるためには川底からカーテンウォール天端までの高さの壁が必要なんですが、平時の通水に必要な開口は、下部の一部分だけで良いわけです。そこだけを開閉式とし、残りは固定のコンクリートの壁にするわけです。この壁をカーテンウォールと言います。)

IMG_3136
下流側はこんな形。堰柱の垂直面と斜面ではどうしても斜面の方が先に汚れてしまいますが、いずれは全体が黒く汚れて違いが分からなくなるといいですね。


動画もどうぞ。

IMG_3119
丸い部分の石貼り工事は、大変だったでしょうね。菱形の石ですもんね。
角落とし用の溝は、SUSの金物とコンクリートと石材の納まりが難しいところですね。

IMG_3109
上流側の丸い部分は、こうなっていました。石張り部分に縦に目地が通っているのはどうしてなんでしょう?

IMG_3113
曲面部分だけじゃなくて、平面部分にも定期的に縦目地が通っています。なぜなのか、ちょっと想像できませんでした。

IMG_3092
ところで、可動堰って、メカが見どころですよね(^^)
油圧シリンダーの明るい色と、磨かれたSUSのシャフトの輝きが目立っています(^^)

IMG_3134
戸当り金物も、素人でも機能的に分かりやすい部分なので、ばっちり見せたいところ。一方、管理用通路や柵はもっと暗い色でも良かったかも....

IMG_3124
上部は薄い金属パネルで覆われていて....

IMG_3131
鉄骨で支えられています。このパネル、機能的に必要なのかどうか、ちょっとわかりませんでした。

IMG_4895
他にもいろいろあるのに、洗堰だけでも時間がかかります(実際に見た時にはここを最後に見たんですが)。

次回に続きます

位置

大きな地図で見る
スマホのGoogleMapアプリで開く
Category:新潟県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LINKS
ARCHIVES