景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 静岡県吉田町の津波避難タワーC | HOME | 遠州灘海浜公園津波避難マウンド >>
街並みに埋もれた津波避難タワーP
IMG_2559
静岡県吉田町の15基の津波避難タワーは、歩道橋タイプじゃないものもあります。これはP。道路端の官民境界ラインからすこしセットバックした位置に建設されているので....
 
IMG_2558
道路を車で走っていると、気付かずに通り過ぎてしまいそうになります。写真の左側のブロック塀の先に、避難タワーの階段がみえています。

IMG_2563
タワーの高さも、周囲の2階建て木造住宅とあまりかわらないので、街並みに埋もれた感じで、あまり目立たないです。

静岡県吉田町の津波避難タワーP #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
360°画像です。グリグリできます。
道路上ではないので、床は全てメッシュ仕上げ。メッシュにすることで建築物ではなく工作物の扱いになり、確認申請が不要になります。

静岡県吉田町の津波避難タワーP #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
地上も広々しているのですが、特に利用されているわけではありません。まあ、邪魔なものはないので色々と使えるでしょうけど。

IMG_2567
このタワーは、裏通りにも面しています。

IMG_2569
ところで、吉田町の津波避難タワー15基は、すべて大日本コンサルタントの設計です。15基全てがほぼ同じディテールのデザインです。エッジが効いてますね。
床板端部の梁の部分と、柱や内部の梁・筋交いなどは色が変えてあります。

IMG_2579
ボルト接合部分で色が切り替えられていたり、溶接部分で切り替えられていたり、よく考えられたのだと思います。

IMG_2573
橋床板のエッジにあわせて、階段のエッジの梁も明るい色の方が良かったかな(^^;)?
悩ましいところですが。

参考リンク:
大日本コンサルタント株式会社のホームページ:津波避難タワーの動画の解説があります。


位置:景観デザイン事例地図

大きな地図で見る
スマホのGoogleMapアプリで開く
Category:静岡県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
LINKS
ARCHIVES