景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 巨大なブリの切身を塩焼き | HOME | トサミズキが咲いています >>
南風原高架橋
20030302_032
南風原高架橋(はえばるこうかきょう)を見に行ったのは、かなり昔なのだけど、ブログに載せていなかったので、ここで紹介。1996年の竣工で、2002年土木学会デザイン賞優秀賞を受賞しています。設計は橋本晃(千代田コンサルタント)他。
 
20030302_033-35
同じスパンのアーチが、上り線は21径間、下り線は20径間、連続します。橋長は830mもあります。リズミカルですよねぇ(^^)

20030302_036
ただし、スパンを揃えるといっても、この橋は直線じゃなくて、S字を描いています。上り線と下り線で橋脚の位置を揃えれば、カーブの内側より外側がスパンが大きくなるはずですが、近くに行かなかったので詳細は不明(^^;)

20030302_043
アーチリブの頂点が、橋桁から離れて隙間があるのがポイント。左右のアーチリブが橋脚にまとまって下に降りて行くラインとかも、良く考えられていると思います。

(追記)
最近、耐震補強が行われたようです。補強方法の検討資料が公開されています。どうなったのか見てみたいですね。
施工は清水建設JVです。

参考リンク
土木学会デザイン賞
千代田コンサルタントのホームページの紹介記事
大日本コンサルタントも関わられたようです

位置:景観デザイン事例地図

大きな地図で見る
スマホのGoogleMapアプリで開く

Category:沖縄県
    SEARCH
    FEED
    FEATURE ARTICLE
    CATEGORIES
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    LINKS
    ARCHIVES