景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< アボガドのサラダ | HOME | スパゲッティ アラビアータ >>
伊予鉄横河原線・第26号溝橋
_R006232
愛媛県松山市の伊予鉄横河原線が石手川を渡る少し北側に、煉瓦のアーチ橋があります。道路と鉄道の立体交差です。
 
_R006234
通称、煉瓦橋。正式名称は「横河原線・第26号溝橋」というようです。すぐ近くにある石手川橋梁と合わせて選奨土木遺産に選定されています。明治25年ごろに建設されています。

_R006238
半円より少し小さなアーチになっていて、スプリンキングの部分は石材で斜めになっています。

_R006239
橋の幅が狭いのでよく車がぶつかるらしく、かなり傷んでいます(^^;)

_R006240
垂直壁の部分はイギリス積み。石手川橋梁もイギリス積みでした。

_R006241
曲面は長手積み、アーチを正面から見れば小口積みですね。

_R006247
面白いのが、アーチの上の笠石より上部が段々になっているところ。

_R006249
壁面が捩じってあるんです。

_R006245
アーチの向きと、線路の向きがずれているので、捩じったみたいなのですが....


そもそも、線路と道路は直行しているわけでは無く....

_R006244
道路を曲げてあるわけなので、だったら最初から線路の向きにピッタリ合わせてアーチ橋を作って、道路をもう少し曲げれば良かったんじゃないかと思ってしまいます(^^;) 

_R006231
ところでこの橋、どうみても道路の建築限界を満たしていないんですが、高さ制限の看板とか何も無いんです。地元の人しか通らないんでしょうねぇ(^^)

_R006250
橋の両側には、自然石の谷積みの擁壁がありますが、コンクリート擁壁が追加された部分もあって、つまりこれは法面の勾配を緩くする追加工事の跡でしょうか?

_R006251
建設から100年以上経っていますが、まだまだ現役で頑張って欲しいです。

位置:

大きな地図で見る
スマホのGoogleMapアプリで開く



Category:愛媛県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
LINKS
ARCHIVES