景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 月浜第一水門 | HOME | 鴇波洗堰(北上川分流施設群 その1) >>
大沢川分派水門
IMG_4875
月浜第一水門のすぐそばに、何だか素敵な水門を発見....
 
IMG_4908
コンクリートのフレームが2つ独立して立っていて、2つを繋ぐ梁がないのは珍しいんじゃないかな....

IMG_4892
大沢川分派水門というらしい。2006年の竣工。

IMG_4894
この水門も津波の被害を受けていて、私が訪れた2017年時点では、仮復旧の状況だった。宮城県のホームページに被災状況の写真がある(リンク先のPDFの17ページ)。

IMG_4895
仮設の発電機が置いてあった。

IMG_4896
もともとは、コンクリートフレームの中にある油圧シリンダーで動いていたらしい。

IMG_4902
シリンダーの反力をとるために、コンクリートフレームに鋼材が固定されてます。足場などはチャンネル材の組合せ。

IMG_4903
ものすごく洗練されたディテール、というわけではないけど、高欄の納まりとか、はしごの取り付けとか、コンクリートフレームの形をいじらないという前提で考えられている感じ。

IMG_4904
津波で何かが千切れたっぽい。

IMG_4905
コンクリートのフレームをすっきりした形にして、なるべくその中に納めるという方針だったんだろうね。型枠の割り付けとか、セパ穴の位置まできちんとしている。
左側の架空線とか、左下の配管とかが気になるけど、東開工業株式会社のホームページにある竣工写真では、近くの配電盤から地中配管で受電していたようで、すっきりしている。

IMG_4912
扉体の上にハンドルが2つ付いていて、何だろうと思って反対側に回ってみたら....

IMG_4916
扉体のなかに小窓(と言っていいのか?)が付いているんだね。
大きな扉体と、どういうふうに使い分けるのか、ちょっと想像できなかったm(_ _)m

IMG_4884
元のすっきりした形を取り戻す事ができると良いね。

位置:景観デザイン事例地図

大きな地図で見る
スマホのGoogleMapアプリで開く





Category:宮城県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
LINKS
ARCHIVES