景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 鴇波水門(北上川分水施設群 その4) | HOME | 昭和三陸津波(昭和8年)後に高台移転した「集団地」 >>
脇谷水門(北上川分水施設群 その5)
IMG_5087
脇谷水門(わきやすいもん)は、2004年(平成16年)に竣工しました。設計はプランニングネットワークの岡田一天ほか。
船が通る水門が1門、普通の水門が3門あります。
 
IMG_5296
現地の看板の写真です。右側の脇谷閘門の上に見えているのがそれです。鴇波洗堰の上流に鴇波水門が作られたのと同様に、脇谷洗堰と閘門の上流にこの水門が造られました。

IMG_5142
船が通らない場所は、可動ゲート部はほんの少しで良いので、大きなコンクリートのカーテンウォールで、ほとんど塞がっています。

IMG_5695
扉体の色は、脇谷閘門に調和する色が選ばれたそうです。カーテンウォールの面が斜め上を向いているのが面白いですね。
普通は、扉体の真上に機械室があるのですが、ここでは少し奥にずれています。

IMG_5058
滑車を使ってワイヤの方向を変えてあります。こうする事で機械室が高く聳える事が無いようにデザインされています。

IMG_5085
脇谷洗堰のほうから見た写真です。普通の水門だと機械室がもっと高く目立ってしまいます。

IMG_5078
船が通る部分は、扉体が2重になっていて....

IMG_5074
こちらも全体の高さを抑える事が出来ています。

IMG_5072
機械室が低い位置にあるので、管理橋からのアクセスも楽になったそうです。

IMG_5068
機械室のデザインも独特です。

IMG_5069
打放し仕上げとハツリ仕上げの切り替え方とか、気になるところですよね(^^;)

IMG_5070
両端のエッジの効いた形は....

IMG_5052
管理橋の下まで続いています。カーテンウォールの丸みとか、あまり見えないところまで、こだわってますね。

IMG_5150
管理庁舎らしきものがあって....

IMG_5149
隣にこんな建物があったのですが、何だか分かりませんでした。※写真は2017年に撮影したものです。


参考ホームページ
北上川・鳴瀬川の改修の歴史(国土交通省)
きょうどをひらく(宮城県)
土木コレクション(土木学会)
北上川分水施設の建設史と遺産的価値に関する研究(土木学会)
景観デザイン規範事例集
旧北上川分流施設(国土交通省)


位置:景観デザイン事例地図

大きな地図で見る
スマホのGoogleMapアプリで開く






Category:宮城県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
LINKS
ARCHIVES