景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 豚丼 | HOME | Picasa Web Albums Uploader は、iPhoto 09でも使えた >>
源兵衛川 第8ゾーン(最終回)
19990905_218
源兵衛川の第7ゾーンにつづき、今日は最後の第8ゾーンです。
 
19990905_269
第8ゾーンは、この先に大きな池があります。源兵衛川の水源は富士山の伏流水なのですが、農業用水としては水温が低すぎるので、「温水池」にしばらく溜めておいて、太陽熱で暖めてから田畑の灌漑に使うのだそうです。

19990905_220
「温水地自然公園」というらしいです。ビオトープもあるようです。

19990905_224
川沿いを歩いていくと、だんだん水面が広くなっていきます。

19990905_228
池が広がるところに、水上テラスが設けられています。

19990905_230
写真ではスケール感が分かりにくいですが、かなり広々とした池です。

19990905_232
水上テラス(写真の左に移っている)の横には、飲食店があって、ここでビールを飲むと美味いんだろうなぁ(^^;)

19990905_233
池の周りの道には、何カ所も橋が架かっています。橋のデザインもいいですね。高欄の高さも、あまり高くなくて、すばらしいです。

19990905_238
中州はビオトープになっています。人が入れない中州などは、動物が安心して生活できるという話を聞いたことがあります。

19990905_243
この橋を渡ったところが池の南端になります。

19990905_244
いい水辺ですねぇ。この池の水面は堰上げされたものなので、水位がほぼ一定に保たれています。それでこんな水辺がつくりやすいんですね。普通の川の場合は水位が変動しますから、なかなかこのようにはいきません。

19990905_246
広々!

19990905_252
池の南端には、いくつかの堰があって、そこから灌漑用水が流れ出ていきます。正面の建物の左右に流れていくのです。

19990905_250
池の南にある水上テラスからは、実は「逆さ富士」が見えるはずでした。

19990905_255
天気が良ければ、正面の雲が浮いているあたりに富士山が見えるはずで、それが池に映って「逆さ富士」になるはずなのです。この日は残念ながら見えませんでした。
ミシマさんのブログに天気がよい日の写真があります。

19990905_256
8回にわたって紹介してきた源兵衛川も、今回で最終回です。お付き合いいただき、ありがとうございました。

位置:景観デザイン事例地図
大きな地図で見る

 <<<写真集


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
Category:静岡県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
LINKS
ARCHIVES