景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< マルモレラダム | HOME | 舞茸とエリンギのパスタ&サラダ >>
Salginatobel Bridge (1930) マイヤールの橋3
20060806_003
Salginatobel Bridge(Salginatobelbrücke, ザルギナトーベル橋)は、マイヤールの代表作であり、3ヒンジコンクリートアーチ橋の傑作として名高い橋です。
 
20060806_008
上の写真を撮影した場所は、この橋を眺める場所(視点場)が設けられ、ベンチまで置いてあるのです。

20060806_006
綺麗な橋ですね。

20060806_009
橋への道は、かなり狭いのですが、バスも通っています。レンタカーを使うのが現実的ですが(^^;)
すれ違いは簡単ではありませんが、交通量はほとんど無いので大丈夫。

20060806_011
立派な看板があります。

20060806_012
マイヤールは、この橋と同じような橋を、いくつか設計していますが(後日紹介します)この橋は立地がよいので、というのは、深い谷をまたいでおり、橋の周囲は緑豊かな森林なので、見栄えがしますね。

20060806_013
支保工(建設中の足場)の図面や写真がありました。

20060806_010
トイレもありました(^^;)
見学者が多いのでしょうね。トイレそのものは、日本でも建設現場などでよく目にするタイプのものですが、それを木製の小屋の中にすっぽり入れてあります。こうするだけで、随分まわりの雰囲気を損なわないものですね。

20060806_014
幅員は3.5m、橋長は132mで、アーチスパンは90mです。

20060806_015
これは、親柱と呼んでいいのでしょうか?

20060806_016
銘板が埋め込まれています。耐荷重は350kg/m2

20060806_023
マイヤールが初めて設計した3ヒンジコンクリートアーチ橋は、先日紹介したZuoz Bridgeで、このときは見た目はマッシブな自然石のアーチ橋と似たような形でした。その後、Tavanasa Bridge(タバナサ橋:1906 この橋は残念ながら現存しません)では、箱断面のウェブ部分を大きくくりぬいた、マイヤール独特の形となり、Salginatobel Bridgeへと進化していきます。

20060806_028
コンクリートの板を組み立てたような構造となっていることが分かりますね。

20060806_pano1
橋の下を見下ろすと、深い谷です。水面からの高さは、約90m。

20060806_019
橋を下から見上げる場所も設けられています。

20060806_030
下から見上げると、こんな感じです。

20060806_026
図面もありました。アーチスラブの厚さは、20〜30cmなんですね。(写真をクリックすると大きな画像を閲覧できます)

20060806_021
この橋は、アメリカ土木学会(American Society of Civil Engineers)のhistoric civil engineering landmarks に選定されています。


位置:

より大きな地図で 景観デザイン事例地図(ヨーロッパ編) を表示

写真集
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing items in a set called Salginatobel bridge. Make your own badge here.

参考文献

Category:スイス
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
LINKS
ARCHIVES