景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< ゆで卵付きサラダ | HOME | サルスベリが咲いています >>
八幡堀
20070820_081
滋賀県近江八幡市の城下を流れる八幡堀は、川沿いに歴史的な風情が色濃く残っていて、映画やテレビのロケなどにも頻繁に使われる場所です。
 
20070820_077
豊臣秀吉の養子の豊臣秀次が天正13年(1585年)に近江に八幡城を築き、城下町を開いた時に、堀割も構築しました。この堀割は琵琶湖まで流れていきます。 
当時の琵琶湖沿岸には、
 ・長浜城:天正3年(1573年)ごろ築城
 ・安土城:天正7年(1579年)築城(天正10年(1582年)本能寺の変の後に消失)
 ・大津城:天正14年(1586年)築城
など、織田・豊臣関連の多くの城下町がありました。

20070820_082
八幡城は、築城からわずか10年後の文禄4年(1595年)には、秀次の自害により廃城になりますが、城下町は繁栄をつづけ、近江商人が活躍しました。堀沿いの歴史的建築群は、重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

20070820_088
堀を巡る遊覧船があります。このあたりは水郷地帯なので、堀めぐり、水郷めぐりのサービスが充実しています(^^)

20070820_093
堀沿いの倉庫が立派ですね。

20070820_092
かつては荷物の積み下ろしに使っていた階段でしょうか?

20070820_094
石垣や建物は立派なんですが....

20070820_095
水際の護岸はもうちょっと何とかならないものかと思ってしまいます(^^;)

20071103_054
船から見る風景は、すばらしいですね。

20071103_059
時々すれ違います。

20070820_079
石積み護岸の一部に、水面に降りる場所が設けられています。きれいに収まっていますね。

20071103_068
少し中心部から外れると、護岸が近代的な感じになってきます。歴史的な雰囲気は、だんだん薄れていきます。

20070820_003
遊覧船の航路の突き当たりは、のどかな住宅地になります。(現地を訪れたときは、こちらを先に見たので写真が明るいのです(^^;) )

20070820_005
この堰で、遊覧船は折り返します。堰の上流側が遊覧船のサービス範囲です。下流側は琵琶湖につながっていて、水位が変動するので、堰上げによって遊覧船に必要な水深を確保しているのだと思います。

20070820_063
さらに下流に行くと、川沿いにお寺があったり....

20070820_058
船溜まりがあったりします。あまり使われていないみたいですが(^^;)

20070820_055
琵琶湖に近くなると、田園地帯です。

20070820_036
広い!

20070820_027
琵琶湖に合流する地点には水門がありました。橋の上に青く見えているのが門扉です。

位置:

より大きな地図で 景観デザイン事例集地図 を表示

リンク:
八幡堀にようこそ(個人のサイト)
近江八幡観光物産協会

写真集:
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing items in a set called 八幡堀. Make your own badge here.


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
Category:滋賀県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
LINKS
ARCHIVES