景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< ボストンのセブンイレブン | HOME | せんだいメディアテーク >>
東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)の建物は、コルビジェのにおいがする
東京エレクトロンホール宮城
仙台の常禅寺通りに面している、「東京エレクトロンホール宮城」で、会議に出席してきました。この建物、なんだか見覚えがある感じ(^^;)
 
東京エレクトロンホール宮城
この曲面の庇、見たことある。

東京文化会館
そう、前川國男(1905〜1986)が設計し、日本建築学会賞作品賞を受賞した、東京文化会館の庇(上の写真)にそっくりではないの。東京エレクトロンホール宮城も前川さんの設計なのかしら?と、思って調べてみたら違いました。設計は山下寿郎設計事務所(現在の山下設計)。山下寿郎という人は、明治21年(1888年)の生まれで、霞ヶ関ビルの設計で名高い人です。


東京エレクトロンホール宮城
「東京エレクトロンホール宮城」は、宮城県民会館の別名です(ネーミングライツというやつね)。竣工は1964年(昭和39年)で、その3年前の1961年に、東京文化会館がオープンしています。
東京文化会館にしても、宮城県民会館にしても、この庇、コルビジェが設計したチャンディーガル議事堂裁判所にそっくりですよねぇ。前川が東京帝国大学建築学科で学んでいたとき、山下寿郎は同大学の講師をしていたはずです。前川は大学卒業後、フランスに渡ってコルビジェの事務所で働いています。前川の作品にはコルビジェの影響が強いですよね。
一方、山下寿郎はコルビジェと師弟関係があるわけではないようですが、宮城県民会館が竣工したとき、山下はすでに70代半ばの年齢であり、また、当時の山下寿郎設計事務所は、すでに東京、仙台、札幌、名古屋、に事務所のある大組織だったようです。山下寿郎のお弟子さんたちが、コルビジェや前川の影響を受けてデザインしたのかもしれませんね(単なる想像に過ぎませんが(^^;) )。

東京エレクトロンホール宮城
6階の会議室から外を見ると、常禅寺通りのケヤキの樹冠が見えます。建物の竣工当時の写真を見ると、常禅寺通りのケヤキの木は、まだほんの苗木です。ケヤキが植栽されたのは1958年だそうです。

東京エレクトロンホール宮城
今は、立派な並木になっています。歴史を感じますね。

位置:

より大きな地図で 景観デザイン事例集地図(東北) を表示

 
Category:宮城県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LINKS
ARCHIVES