景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< タウシュベツ川橋梁の周辺 | HOME | PhotoshopCS3 vs AutoPanoPro vs PTGui >>
ニューハウンの街なみ
Nyhavn, Copenhagen
観光パンフレットなどに必ず登場する、色鮮やかなまちなみ。コペンハーゲンのニューハウン(Nyhavn)というところです。17世紀に市街地が拡大する際に築かれた運河ぞいに、街なみが形成されています。
 
Nyhavn, Copenhagen
古い建物は、かなり歪んでいたりして、これ大丈夫なのか???という感じです。かつてアンデルセンもここに住んでいたことがあるといいます。
また、照明メーカーの、ルイスポールセンのショールームもここにあります。

Nyhavn, Copenhagen
運河の突き当たりの広場には、錨のオブジェがあります。昔、港の景観について勉強していたときには、港らしい風景として、事例に採りあげられることが多かったですね。広場の周りの街路樹の刈り込み方も、日本では滅多に見られない角張った刈り込みです。ヨーロッパではこのように刈り込まれた高木が、結構目につきます。日本では生け垣を平らに刈り込みますが、高木をこのように刈り込むことは、あまりありませんね。

Nyhavn, Copenhagen
ここは、いくつかのクルージングルートの発着点になっています。コペンハーゲンの観光の中心です。

Nyhaven
夜景も綺麗なので、ぜひ夜も訪れてください。ちょうど花火をやっていたので、少しだけ写っています(^^;)


位置:GoogleMap

より大きな地図で 景観デザイン事例地図(ヨーロッパ編) を表示

スカンジナビア政府観光局
デンマークデザインリポート

Category:デンマーク
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
LINKS
ARCHIVES