景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< ドラオアの街なみ | HOME | 水の教会 >>
旭橋
20070617_049
旭川のシンボルとして有名な橋です。旭川は、旭山動物園が有名ですが、土木技術者はやっぱりこれを見なければ。
形式は、「鋼ブレーストリブ・タイドアーチ(バランスト、下路)+トラス桁」だそうです。長い形式ですねぇ。竣工は1932年(昭和7年)、建設費は当時のお金で約100万円!。詳しい説明は、下記リンクのウィキペディアや北海道遺産のページを御覧ください。
 
 
20070617_047
立派な石積みの橋脚ですね。

20070617_085
メカニカルな支承が使われています。

20070617_051
橋台や付近の擁壁も、橋脚と同様のデザインの石積みです。

20070617_050
そばによると、デカイんです。

20070617_078
立派な橋門構ですね。
竣工時には、車道の真ん中に路面電車が走っていたということです。

20070617_076
橋梁の概要を示した銘板が設置されていました。竣工当時のものと思われます。橋の長さは「尺」で表示されています。(写真をクリックすると、Flickrに飛ぶので、大きな写真を御覧いただくことができます)

20070617_077
土木学会の選奨土木遺産や、北海道遺産に選定されています。


位置:

より大きな地図で 景観デザイン事例集地図(北海道) を表示



リンク:
ウィキペディア(旭橋)
土木学会選奨土木遺産
北海道遺産
旭川道路事務所のページ かなり詳しい説明があります。
Category:北海道
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
LINKS
ARCHIVES