景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 徳島LEDアートフェスティバル2010の残り香 | HOME | 八幡浜第一防空壕 >>
吉野川橋(徳島市)
P1060423
徳島市の吉野川橋は、1928年(昭和3年)に竣工したトラス橋です。
 
P1060378
橋長は1,070m、17径間もある長〜い橋です。

P1060386
設計したのは、白鬚橋十三大橋なども設計した増田淳(1883- 1947)。彼は香川県高松市の生まれで、米国に留学後、日本各地で数多くの橋を設計しています。

P1060383
立派な橋門構ですね。この橋は片側1車線の狭い橋ですが、下流に吉野川大橋ができるまでは、高松と徳島を結ぶメインルート(国道11号線)でした。

P1060379
現在では、橋の両側に歩道が追加されています。

P1060381
株式会社大阪鐵工所製作、昭和三年という銘板がありました。大阪鐵工所は現在の日立造船の前身になります。

P1060404
桁裏もすっきり

P1060413
縦桁は6本あるのですが、そのうちの1つ、写真の中央に2つ並んでいるうちの右側の桁は、後から補強のために追加されたもののようです。

P1060414
この桁だけ、横げたとの接続の収まりが異なります。

P1060406
他の縦桁も、不思議な断面形状になっています。これもひょっとしたら、後から補強したのかもしれません。

P1060416
歩道は片持梁で支えられています。この部分だけなぜか鮮やかな青色です(^^;)

P1060420
橋脚は、なんだか変な形なんですが、両端のふくらんだ部分は後から補強されたものです。「とってつけたような...」という形容がぴったりはまりますねぇ(^^;)
土木学会図書館にある古い写真では、この部分がないので、すっきりして綺麗です。

P1060418
メカニカルな支承が見えます。

P1060417
これも最近の補強ですが、落橋防止のチェーンが取り付けられていました。

P1060403
これからも、補強や修理を繰り返して、長く使われると良いですね。また、この橋は夜景も綺麗らしいです

リンク:土木学会図書館 戦前土木絵葉書ライブラリー

位置:景観デザイン事例地図
より大きな地図で 景観デザイン事例集地図 を表示

Category:徳島県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LINKS
ARCHIVES