景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 吉野川橋(徳島市) | HOME | 厚揚げのそぼろ煮 >>
八幡浜第一防空壕
P1060166
八幡浜に、ものすごく立派な防空壕が残っています。
 
P1060152
入り口の文字は、わざわざタイルに焼き付けられたもの。参考文献によると八幡浜市が建設したもので、1941年(昭和16年)2月に竣工しています。太平洋戦争が勃発する前にできていたことになりますが、なぜそんなに早く作ったのかは謎だそうです。
Wikipediaによれば、防空壕は空襲の恐れが高まった1944年ごろから数多くつくられたそうですから、この防空壕の建設時期がかなり早いことが分かります。

P1060164
防空壕は、愛宕山と呼ばれている山の麓にあります(下記の地図を参照)。防空壕の真上に住宅が並んでいることになります(^^;)
いま駐車場になっている場所には、戦後すぐにつくられた貝ボタン工場があったそうで、2001年(平成13年)に工場が閉鎖された跡を更地にしたら、防空壕が発見されたのだそうです。それまでは「すっかり忘れ去られていた」ということなのですが、2001年といえば終戦後56年しか経っていません。この防空壕を利用したことのある人も存命しているはずなのですが、思い出したくなかったんでしょうか(^^;)

P1060169
入口は、普段は施錠してあります。地元の方々で管理されており、お願いすれば中に入れて頂くことができます。出入り口は2箇所あって、平面がU字型になった防空壕です。

P1060154
入ってみると、中はけっこう広いです。奥が高くなっています。照明灯は地元の方々が見学用に平成17年に設置したもの。昔の写真が愛媛大学のサイトにあります。同じ写真が掲載された八幡浜新聞によると、昭和16年2月の撮影だそうです。

P1060157
奥にある凹みは、御真影を飾る場所ではないか?とのこと。

P1060155
この写真は、入り口側を振り返ったところ。爆風を避けるために入り口はクランク状に曲がっているのだそうです。防空壕の構造はコンクリート、表面は漆喰で仕上げられています。かなり立派ですね。

P1060156
U字型平面の横繋ぎの部分です。

P1060158
洗面所があります。

P1060159
さらに進むと、通路が左に曲がり....

P1060160
もう一つの出入り口があります。

P1060161
出入り口のそばには、なんとトイレまであります。写真の右上から光が差しているのは、外につながっている換気口です。

P1060167
これが、もう一つの入り口。壁に丸い穴が空いているのが、トイレの換気口です。

P1060170
今では防災用具の管理場所として使われています。

参考文献:
八幡浜新聞 平成13年4月13日号、平成17年11月17日号、平成18年9月2日号
愛媛大学のサイトに新聞のスキャンがあります   

位置:景観デザイン事例地図
より大きな地図で 景観デザイン事例集地図 を表示


Category:愛媛県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
LINKS
ARCHIVES