景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< かにたまに挑戦 | HOME | 麻婆豆腐 >>
千賀居隧道
P1060243
愛媛県の八幡浜市から国道197号線を通って大洲市へ行くには夜昼峠を抜けるのですが、このルートは現在の夜昼トンネル(延長約2km)が昭和46年にできるまでは、かなりの難所だったようです。上の写真のトンネルは、夜昼峠の旧道にある「千賀居隧道(ちがいずいどう)」です。明治時代の中頃に竣工したようです。夜昼隧道と呼ばれることもあります。
実はこの道路はループになっており、トンネルを抜けると道は左に曲がりつづけ、反時計回りに一周してからトンネルの上を左から右へ上っていくのです。
 
P1060241
トンネルは煉瓦でできており、一部に自然石が使われています。トンネルの上の土被りは少ないので、一度開削してから工事したのかも?と思うのですが、それならトンネルではなく橋にするはずじゃないか?という気もします(^^;)
扁額やピラスター、キーストーン、笠石などの装飾的な要素はほとんど無い、あっさりしたデザインのトンネルです。
トンネルの延長は17m、幅員は4.6mもあって、当時のトンネルとしてはかなり広いですね。

P1060240
トンネル上部の竹の根がトンネルの面壁を押し広げて、ひびが入っています。かなりやばそうに見えました(^^;)

P1060238
煉瓦は、垂直の壁の部分はイギリス積み、アーチの曲面の部分は平積みです。よくある積み方ですね。

P1060245
煉瓦の表面が剥がれたように痛んでいます。凍害によるものではないかと思います。

P1060248
こちらは反対側のポータル。

P1060236
こちらの面壁もひび割れて、あろうことかそこから植物が生えていました(^^;)
壁が落ちそうで怖い

位置:景観デザイン事例地図
より大きな地図で 景観デザイン事例集地図 を表示

Category:愛媛県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
LINKS
ARCHIVES