景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 国鉄第二夫婦岩橋 | HOME | iWeb 09にはページサイズの制限があるのだった >>
三瓶隧道
P1060268
三瓶隧道(みかめずいどう)は、宇和町と西予市三瓶町を結ぶ、1917年(大正6年)に竣工したトンネルです。地理的には入り口も出口も宇和町内にあるのですが、旧三瓶村が工事費の過半を負担して建設されたそうです。
 
P1060271
ものすごく立派なデザインです。アーチリブの部分は花崗岩でキーストーンもあります。スパンドレルは煉瓦でピラスター(壁柱)は花崗岩、笠石、帯石もありますね。このようなデザイン様式は明治時代に西欧から導入されたもので、日本中に同様のデザインの古いトンネルがたくさんあります。

P1060269
「三瓶隧道」の扁額も立派。

P1060280
トンネルの延長は316mもあります。照明が少ないので歩くのは怖い感じ(^^;)

P1060279
千賀居隧道と同様に、垂直な壁の部分はイギリス積み、アーチの部分は平積みです。

P1060275
こちらは三瓶町側のポータル(坑口)。宇和町側と同じデザインですね。車の高さ制限用の黄色い梁を、もう少しトンネルから離れた場所に作ってくれたら良かったのにと思います(^^;)

P1060276
入り口に、竣工年が彫り込まれています。立派ですねぇ。当たり前ではあるんですが、煉瓦の寸法に合わせて石の寸法も決めてあり、きれいに収まっています。
資料には設計・施工は間猛馬(はざまたけま)とあります。この方は、ゼネコンの間組の創業者です(1889年(明治22年)の創業)。

P1060286
ここの面壁も、竹の根にやられて、ひびが入っていました。これが壊れてしまったら、かなり惜しいですよねぇ!


位置:景観デザイン事例マップ
より大きな地図で 景観デザイン事例集地図 を表示



Category:愛媛県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
LINKS
ARCHIVES