景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 美々津の歴史的まちなみ | HOME | 宮崎県庁 >>
美々津橋
P1050439.JPG
この美しい橋は、美々津橋(みみつばし)といいます。宮崎県日向市の耳川河口部に架かっている、昭和9年竣工の古い橋です。橋梁形式は、上路スパンドレルブレースト鋼アーチ橋で、橋長は168.7m、幅員は7.6mあります。2連のアーチ部分は、1スパンが64.4mです。

 
P1050431.JPG
この橋は旧国道10号で、今は下流に新しい橋ができたので、県道になっています。

P1050434.JPG
立派な親柱ですね。

P1050459.JPG
橋を設計したのは増田淳です。増田は徳島県の吉野川橋や、東京の隅田川の白髭橋などを設計した人で、当時の最も優れた橋梁技術者の一人です。
日本に現存するスパンドレルブレースト橋では7番目に古い(九州では唯一)もので、2002年の選奨土木遺産に選定されています。また、日向市の文化財にも指定されています。

P1050443.JPG
橋は4径間で、中央の2つがアーチ橋、両側の2つが桁橋になっています。

P1050441.JPG
アーチ橋と桁橋の接続部の納まり。

P1020119.JPG
橋脚は鉄筋コンクリートです。ディテールが美しいですね。

P1020121.JPG
支承のデザインも綺麗ですね。

P1050469.JPG
橋の中央にはエキスパンションジョイントがあります。

P1050470.JPG
橋上から下流側の風景です。鉄道橋と、新しい国道橋があります。

P1050471.JPG
上流側はすぐに山が迫ってきます。

P1050452.JPG
細い鋼材を上手に組み合わせてありますね。

P1050451.JPG
当時の橋の接続部は、リベットが使われています。

P1050454.JPG
これは、橋の下から見たところ。

P1050477.JPG
美々津の歴史的まちなみのすぐそばにあるので、2つセットで御覧ください。


位置:GoogleMap

より大きな地図で 景観デザイン事例地図(九州) を表示

リンク:
土木学会選奨土木遺産
九州の近代土木遺産(国土交通省)
九州の橋
土木遺産in九州(九州建設弘済会)


Category:宮崎県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LINKS
ARCHIVES