景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 大谷川水門のライジングセクタゲートを見学 | HOME | 木製格子の模型作製に四苦八苦 >>
志和港の石積み防波堤
P1060867
四万十町の志和は、太平洋に面した港町。昭和の初期に作られたという、石積みの防波堤が残っています。四万十川中流の町である窪川から農産物等を出荷するために、かつては、この港から船で運んでいたそうです。現在では道路が整備されたため、この港は小規模な漁港になっています。
 
P1060939 - バージョン 2
地元の方に見せていただいた、航空写真には、防波堤が2つ写っています。
近くの山の頂上付近まで段々畑がありますが、今はもう、森になっています。

P1060957
よく見ると、船が浜に引き上げられています。今残っているのは写真の上側の防波堤だけです。このページの下部にGoogleMapの航空写真がありますが、現在では港が大規模に改築されています。

P1060873
近くで見ると、磯から石を運んできて積み上げただけ、という感じです。石と石の隙間はコンクリートをつめてありました。

P1060882
今では、集落と浜の間に防潮堤が建設されています。

位置:
より大きな地図で 景観デザイン事例集地図 を表示

Category:高知県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
LINKS
ARCHIVES