景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 世界平和記念聖堂(その1) | HOME | 広島平和記念資料館から原爆ドームへの真っ直ぐな軸線 >>
世界平和記念聖堂(その2)
P1070716
世界平和記念聖堂(その1)のつづきです。
聖堂の内部は、神聖な雰囲気です。
 
P1070687
ステンドグラスを通った光が壁にあたっています。

P1070705
この窓から光が射します。窓の形は、上から松竹梅になっているんだそうです。ここも日本的なデザインの表現。

R0013444
竣工当初は透明なガラスだったそうで、その後ステンドガラスが寄付されて、今のようになったのだそうです。

P1070688
すごくきれいです。

R0013466
正面には「再臨のキリスト」のモザイク画。キリストの再臨とは世界が終わりを迎える日のことだそうで、これも広島が被爆地であることと関係あるのだそうです。

P1070704
後ろを振り返ると、パイプオルガンがあります。これもドイツからの寄贈品だそうです。

R0013445
地下礼拝堂も見せていただきました。

R0013452
写真ではわかりにくいですが、地下礼拝堂の天井はゆるやかなアーチ型になっていて、星や宇宙を連想させる穴がたくさんあいています。

P1070657
建物の南側にある、小さな円筒形の部屋は洗礼室になっていて....

R0013475
壁と天井が見事でした。

P1070712
北側にも同様の円筒の部屋が2つあって、1つはこんな部屋。

P1070710
もう一つは小聖堂でした。

P1070718
一回りして、聖堂の中に戻ってきたら、ステンドガラスから差し込む光のあたる場所が変わっていました。教会の建物は、どこに行っても光の使い方がよく考えられていますね。

リンク:
世界平和記念聖堂

位置:
より大きな地図で 景観デザイン事例集地図 を表示


 
Category:広島県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
LINKS
ARCHIVES