景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< テンペリアウキオ教会 | HOME | ストックホルム市立図書館 >>
モルテンスルッド教会
20060615_015 - バージョン 2
モルテンスルッド教会(Mortensrud kirke)は、ノルウェーの首都オスロ郊外にある2002年に竣工した、新しい教会です。設計は Jensen & Skodvin Arkitektkontor
 
20060615_003
地下鉄のモルテンスルッド駅からの道順がよくわからなくてウロウロしていたら、グラウンドの上にそれらしい建物が見えました(^^;)

20060615_007
岩山の上に建っています。

20060615_008
石を積んだ外壁と大きなガラスの開口部が見えます。

20060615_011
こちらが正面。あまり威厳とか感じませんね(^^;)

20060615_012
ここが入り口です

20060615_013
入り口の横に木造のタワーがあります。上部に鐘があるんでしょうね。

20060615_014
筋交いのロッドが見えます。日本でこんな木造のタワーを造ったら、あっという間に腐ってしまいそうなんですが、北欧だと腐らないのかな?

20060615_051
入り口から振り返ると、別棟があります。管理事務所か何かでしょうか?

20060615_050
教会の中に入ると....

20060615_046
サロンみたいな部屋があったり....

20060615_049
壺庭があったりして、教会らしくないです(^^;)

20060615_015
奥に進むと、教会らしくなります。正面と左側の壁の上部は割石の透かし積みになっています。右側には2F席があります....

20060615_039
写真では分かりにくいですが、部屋を移動すると透かし積みから漏れる光が瞬くように変化して奇麗です(^^)

20060615_040
キラキラしています。

20060615_039 - バージョン 2
祭壇の向かって左側に講壇(と呼べば良いのだろうか?)がありますが、床がもりあがっていますよね....

20060615_022
この建物は岩山の上に建っているのですが、その岩がそのまま露出しているのだと思います。

20060615_044
祭壇の奥のステンドグラス(なのだと思うたぶん)。

20060615_017
祭壇の上にも、鳥のような飾りがあります。鳩?

20060615_023
ところで、この石の壁は、外気に面している訳ではありませんでした

20060615_024
外側は内側よりも凸凹しています。鉄骨の枠に詰めてあるんですね。

20060615_038
平たい板状に割れやすい石なんですかね?

20060615_020
下部のガラス窓からは、周囲の緑が奇麗に見えます。6月に見に行ったのでこんな風ですが、冬になると全然違う感じになるんでしょうね。

20060615_030
開口部だけは石の面がそろえてあります。

20060615_043
椅子のデザインは、いかにも北欧

20060615_048
建物の図面も飾ってありました。こちらのサイトにも詳しい図面があります。

20060615_053
ヨーロッパの教会は町の真ん中の広場に面して建っていることが多いですが、森に囲まれた教会というのも素敵ですね。

写真集:
スクリーンショット(2011-05-11 9.39.26)

位置:
より大きな地図で 景観デザイン事例地図(ヨーロッパ編) を表示

Category:ノルウェー
    SEARCH
    FEED
    FEATURE ARTICLE
    CATEGORIES
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    LINKS
    ARCHIVES