景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 具沢山の枝豆ピザ | HOME | 城川町の棚田は、栗畑に変わりつつあった >>
城川町の茶堂群その6 野井川上流域の茶堂
P1070952
城川町の北部、野井川流域の遊子川地区にも、多くの茶堂があるんですが、この地域には古い茶堂が多く、また、大変分かりにくい場所にあるものも多いです。上の写真は下蔭茶堂。車道を車で走りながらでは絶対見つけられません。
 
P1070959
この写真のど真ん中、林の中にあります。

P1070960 - バージョン 2
よ〜く見ると、林の中に屋根が見えます。地元の人に教えてもらわないと、全然気付きませんよねぇ(^^;)

P1070957
この道を上って行きます。まだ車道が通っていなかった頃の、人が歩くだけの道です。

P1070956
昔はこんな道を歩いていたんですね。右上から光が射している場所に茶堂があります。

P1070944
瓦屋根に苔が生えています。かつては多くの茶堂がこのような旧街道沿いに建っていたはずで、建て替えのときには、便利な車道沿いに移されることが多いようです。そうしないと、誰も使わなくなってしまいますからね。

P1080004
五十石茶堂も旧街道沿いに建っていますが、これは県道からも見えます。写真の中央上部に小さく写っています。

P1070972
旧道が尾根を越える場所に建っています。

P1070974
立派な石垣の上です。

P1070977
縁側のついている茶堂も珍しいと思います。だいぶ傷んでいますね。

P1070976
格子天井の茶堂というのも、けっこう貴重だと思うんですが、これもだいぶ傷んでいます。

P1070963
城ヶ峰茶堂(しろがうね、と読むらしいです)も旧街道沿いにあります。右の道路から車で入って来れますが、入り口はとても判りにくいです。墓地のそばにあります。

P1070986
宝泉茶堂は、つっかえ棒付きで、農業用資材置き場になっています(^^;)

P1070987
供養の松茶堂も墓地のそば。

P1050570
この茶堂へは「犬が2匹いる場所から道を入る」と、地元の方が教えてくれました。狛犬を連想してしまいます(^^)

P1070919
五輪田茶堂

P1070921
ここも時計付き。天井に鉄の筋交いも入っていたり....

P1070918
裏の壁はトタン板が打ち付けてあったりして、なんとか長持ちさせようと苦労されているようです。電柱も木製です。珍しい(^^)

P1070935
そして、野井川流域の最も奥にあるのが、スイキあん跡茶堂

P1070931
トタン屋根の茶堂というのは、ここだけだと思います。

P1070932
筋交いで補強されて、やっと建っているという感じ。古い茶堂を古い位置のままに残すのも大切だと思いますが、便利な場所に移設されて住民の方に使い続けられることも重要だと感じますね。

P1070926
このあたりも、昔は棚田が広がっていたそうですが、いまは杉林の中に石垣が埋もれています。


リンク:
西予市のサイト 茶堂の詳しい説明があります。

城川町の茶堂群の、ほぼ(^^;)完全なマップ
より大きな地図で 城川茶堂群 を表示
上の地図の、
・青いマークは、広い道路に面していてアクセスが容易な茶堂。
・黄色いマークは、自動車のすれ違いが少々困難な細い道に面している茶堂。
・赤いマークは、GoogleMapに表示されない細い道沿いにある茶堂。GoogleMapの航空写真表示なら道が見えることもある。マークをクリックすると、国土地理院の地図へのリンクがあるのでそちらをご確認ください。
・杖をついた人のマークは、山中などの非常に見つけにくい場所にある茶堂。地元の人に聞かないとたどり着けないかもしれない。


特集:城川町の茶堂群
城川町の茶堂群その1 魚成川流域の茶堂
城川町の茶堂群その2 下惣川と安家谷川流域の茶堂
城川町の茶堂群その3 三滝川流域の茶堂
城川町の茶堂群その4 黒瀬川上流域の茶堂
城川町の茶堂群その5 黒瀬川流域の茶堂
城川町の茶堂群その6 野井川上流域の茶堂
城川町の茶堂群その7 野井川下流域の茶堂
Category:愛媛県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
LINKS
ARCHIVES