景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 手でちぎって食べるパイナップル | HOME | タイサンボクが咲いています >>
キレスベルクタワー(2001) シュライヒの橋(番外編)
20060729_091
キレスベルクタワー(Killesberg Tower)は、2001年に建設された、高さ43mの展望台です(今回は橋じゃないので番外編です(^^))。中心にある柱と、ネットで4層の床が支えられています。
 
20060729_049
先日紹介した「コッヘンホーフ通り歩道橋」からキレスベルクの公園に入ってくると、遠くにタワーが見えてきます。

20060729_050
キレスベルクは緑豊かな公園です。

20060729_051
公園の一番高い丘の上に、タワーが建っています。ここには、1950年に建設された古いタワーがあったそうで、Wikipediaドイツ語版に写真があります。このタワーは1974年に取り壊されています。

20060729_092
その後、1993年に国際園芸博覧会が開かれることになり、これまで紹介して来たシュライヒの一連の橋梁群と同時に新しいタワーが計画されます。

20060729_054 - バージョン 2
このタワーは、シュトゥットガルトのグリーンUの終点であるキレスベルクから街全体を眺めることのできる展望台として計画されたました。しかし、橋梁群は博覧会に間に合ったものの、このタワーは、政治と予算の都合で建設が先送りされてしまいます。(上の図の左上の黒丸がキレスベルクタワー。中央下部の四角形に細い線が5本つながっているところが中央駅)

20060729_055
そして、紆余曲折を経て2001年にタワーが完成しました。
地面から2Fのフロアまでの高さは8m。ネットに沿って螺旋状に階段を上っていきます。

20060729_057
ネットは地中にあるリング上の基礎に固定されているそうです。

20060729_062
階段は2カ所あって、こちらは上り専用です。この階段、高低差8mを結んでいるんですが、側桁は、外側に丸鋼管、内側にフラットバーがあるだけ。桁の延長は12mぐらいあるはずで、こんな丸鋼管だけで活荷重を支えられるとは思えないので….

20060729_059
ネットで吊ってあるんでしょうね。

20060729_059 - バージョン 2
こんなジョイントで大丈夫なのかなぁ(^^;) 反対側の側桁はフラットバーみたいだから階段に荷重がかかったら内側にねじれそうだし….

20060729_061
中央のマストも細くてすっきりしています。直径は50cm。

20060729_064
シュライヒのいつものディテール

20060729_C_020
下から見上げると、こうなっています。写真の一番外側に写っているのが2Fのフロア、真ん中に大きく見えているのが3Fのフロアです。

20060729_063
フロアとマストはこの梁で繋がっています。マストの座屈を防ぐ機能もあるんでしょうね。

20060729_067
階段を上って、2Fに到着。柵もワイヤでできています。

20060729_071
なにもかもワイヤとネット

20060729_068
さらに3Fへ

20060729_069
4Fへ

20060729_087
結構揺れるし、スケスケなので下を見ると怖いんです(^^;)

20060729_074
ここが頂上の4F。高さは、31m。

20060729_073
円形のフロアは階段の場所が切り欠いてあります。文献を読むと、この部分が構造的・美的にずいぶん検討されたそうです。つまり、フロアの外周には当然のこととして円形の梁がある訳なんですが、その梁をこの切り欠きの部分でどうするか、ということです。梁だけは1周つながっていてネットに接続され、床に扇形の穴があいている、という解もありえたはずですが、シュライヒは、梁も切り欠いて階段からの風景の連続性を選んだということです。

20060729_084
また、床板はエンボスのある鉄板でできていますが、これを格子状のグレーチングにするという案もあったそうです。さすがにそれは怖すぎるし(^^;)雨が下に落ちるという問題もあって、このような床仕上げになったということです。

20060729_080
マストの上には風見鶏がいます(^^) ここから放射状に24本のケーブルが延びて….

20060729_082
4Fのフロアから2mぐらいのたかさのところにある円形の梁を介して、48本のケーブルから成るネットにつながっています。

20060729_077
見晴らしは最高ですが....

20060729_076
真下を見ると、ビビります(^^;)

20060729_086
遠くに2つのタワーが見えます。左は1972年竣工の Stuttgarter Fernmeldeturm (Stuttgart Telecommunication Tower)、右は1956年竣工の Fernsehturm Stuttgart (TV Tower Stuttgart)。どちらもレオンハルトの作品です。

リンク:
Structurae

位置:
より大きな地図で 景観デザイン事例地図(ヨーロッパ編) を表示

  
Category:ドイツ
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
LINKS
ARCHIVES