景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< なぜか夕方になると、木の幹に集合する蝉 | HOME | 長〜いインゲンのスパゲッティ >>
Allmandring Footbridge(1994)
20060730_107
先日紹介した Nesenbach Valley Bridge は、シュトゥットガルト大学のそばにあるんですが、大学のキャンパスの中にも面白い橋があるので、行ってみました。設計者はコンペで選ばれた、Werner Kaag と Gustl Lachenmann なんですが、コンペの審査委員長はシュライヒ! 
シュライヒは、シュトゥットガルト大学の出身で、同大学の教授でもあります。
 
20060730_132
この橋、ものすごく華奢です。アーチスパンは34mで、ライズは約2m。橋の幅員は約3m。

20060730_133
下弦材のロッドに強いプレストレスがかかっていて、そこからのびる頬杖が橋床板を支えています。

20060730_109
下弦材は橋台に、橋台は地中アンカーに固定されていて、下弦材の張力はアーチには伝わりません。

20060730_117
橋が歩行者による活荷重で変形すると、下弦のロッド材が延びる方向に変形することになるので、強いプレストレスが変形を抑え、また元の形に復元する、という仕掛けらしいです。

20060730_115
あらゆる接合部が、ヒンジでできています。

20060730_110
ここも動くし....

20060730_119
高欄もワイヤで引っ張ってあり、良く動きます。


そのため、人が渡ると、すごく揺れます。ダンパーをつけて揺れを抑えることもできるんですが、学生が橋の揺れを観察・実感する教材となるように意図して、ダンパーを付けなかったんだそうです。

20060730_140
この橋は、キャンパスの歩行者導線になっています。

20060730_144
広々として、気持ちいいキャンパスです

20060730_138
すぐ近くには、こんな橋もありました。

リンク:
structurae

位置:
より大きな地図で 景観デザイン事例地図(ヨーロッパ編) を表示

この橋は、30 Bridges に収録されています。

Category:ドイツ
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
LINKS
ARCHIVES