景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< MacBookPro御臨終?? | HOME | 景観デザインの現地調査にiPhone(デジカメ&GPS)とEveryTrailを試してみる >>
明々庵
明々庵
久しぶりに明々庵に行ってみました。明々庵は、島根県の松江城の近くにある庵です。

明々庵
門は背が低くて、屈まなければいけません。

明々庵
門の屋根は、木の皮で葺かれているようです。

明々庵
門をくぐると、待合いがあり、その奥に茶室があります。左側に庇が見えている建物は、百草亭といって、ここで抹茶をいただくことができます。

明々庵
飛び石が見事ですね。飛び石の打ち方には、いろいろと流儀があります

明々庵
待合いを抜けると茶室です。にじり口が見えますね。
明々庵は、松江藩7代当主・松平不昧によって1779年に建設され、その後、移築を繰り返し、昭和41年から現在の場所にあります。松平不昧は有名な茶人で、松江で茶の湯が盛んなのは不昧公の影響だそうです。

P003125
この写真は、ずいぶん前に訪れたときのもので、画質が悪いですがご勘弁を(先日訪れたときは雨だったのです)。
明々庵は、松江城の北側の高台にあって、松江城を眺める優れた視点場があります。

松江には、明々庵の他に、菅田庵という、これも不昧公ゆかりの庭園があるのですが、この日は残念ながら工事中で閉鎖されていました。

位置:GoogleMap
大きな地図で見る

 <<<写真集

リンク:
明々庵(ウィキペディア)

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
TREview『国内旅行』ブログランキング
Category:島根県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
LINKS
ARCHIVES