景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 多賀神社の参道は大橋川へつづく | HOME | プルトニー橋と堰 >>
パラディアン橋
20060703_019
土木学会誌の表紙で岡田さんがパラディアン ブリッジを紹介されているのをみて懐かしく思い出した、パラディオのデザインによる橋。パラディオAndrea Palladio 1508-1580)は、むかし建築の歴史で勉強した「建築四書」を書いた人ですね。
 
20060703_024
パラディオがデザインしたと言っても、この橋が造られたのは1755年で、パラディオはとっくの昔に死んでいます。また、パラディオはイタリアで活躍した建築家ですが、この橋はイギリスのバースにあります。

20060703_035
Prior Park という広大な風景式庭園の中の池に架けられた橋なのです。パラディオが遺した橋のデザインがずいぶん後になってからイギリスで実現したということらしいです。庭園の設計は詩人のAlexander Popeと、ランドスケープアーキテクトのLancelot "Capability" Brown。昔は詩人が庭園の設計の係わっていたんですね。ちなみにこのAlexander Popeは、ダ・ヴィンチ・コードにでてくるニュートンの墓碑銘を書いた、あの人です。へぇぇ

20060703_032
今は、この庭園はナショナルトラストによって管理されています。

20060703_025
同じPalladian Bridge は、Stowe House と、Wilton House にもあります。

20060703_027
岡田さんの解説では、18世紀の落書きもあるらしいんですが、これは1879ですね(^^;)

20060703_031
橋の真下に堰があって、池の水面の高さが違うんです。なにか理由があったんでしょうねぇ。

20060703_026
また行ってみたいです(^^)


位置:どのぐらい広大か、わかりますねぇ(^^)
より大きな地図で 景観デザイン事例地図(ヨーロッパ編) を表示


Category:イギリス
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LINKS
ARCHIVES