景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< バースの古代ローマ公衆浴場 | HOME | Macで動作するDWG, DXF対応のフリーの2D-CADソフト Draft Sight >>
MacユーザがJW-CADで.sfcファイルを開くときに陥りがちな罠
02
.sfcファイルというのはCADの業界標準の1つなんだが、Macでこれを読めるフリーウエアは(たぶん)無い。そのためWindowsの無料のCADである、JW-CADで開くことになるんだが、Macユーザが、単純にMacから.sfcファイルをUSBメモリにコピーしてWindowsで開こうとすると、上の図のようにJW-CADがフリーズしてしまうんだな....
 
スクリーンショット 2011-12-06 12.02.59
Macで.sfcファイルをUSBメモリにコピーして、Windowsでファイル一覧を見ても、別に何も問題なさそうなんがが、このままではJW-CADが落ちてしまう。何故かというと....

スクリーンショット 2011-12-06 11.54.36
実は、MacでUSBメモリにコピーしたときに、ピリオドで始まる不可視ファイルも一緒にコピーされてしまう(上の図は不可視ファイルを表示した状態)。JW-CADから.sfcファイルを読みにいくと、ファイルの一覧を表示する段階で、この不可視ファイルも読み込もうとして、うまくいかずに凍り付いてしまうのだった。
 
解決策は
(1)読み込みたい.sfcファイルをUSBメモリからWindowsのデスクトップなどにコピーする。このときは不可視ファイルは付いていかない。
(2)USBメモリを抜く。上記のエラーの後、JW-CADを再起動してから.sfcファイルを開きにいくと「さっき読み込んだ場所」を見に行くので、その段階で再びエラーが起きてしまい、どうしようもなくなる。そのため「さっき読み込んだ場所」であるUSBメモリを無くしておく。
(3)コピーした.sfcファイルをJW-CADから読み込むと、今度はOK (^^)

ふぅ。この罠のカラクリを発見して、トラブルから抜け出すのに、えらく時間がかかっちまったぜ(^^;)
今回は.sfcファイルだったけど、.dxfでも同じなんじゃないかな? JW-CADさん、不可視ファイルは無視してくださいな。


Category:MacときどきWin
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
LINKS
ARCHIVES