景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< PowerShot S100がやってきた 4 高知空港の朝焼け | HOME | 津野町の風車 >>
銀座中央通りの舗装が、なんだか格が下がっていた
IMG_0317
銀座の中央通りは、おそらく日本で一番格の高い商店街。歩道の舗装の敷石も凄く立派なんですが、先日久しぶりに銀座に行ってみたら、昔とは舗装の様子が異なることに気がつきました。
 
IMG_0320
歩道の敷石は、1968年(昭和43年)に路面電車が廃止された時に、路面電車の軌道敷に使われていたものを、再利用したものです。

IMG_0321
かなり厚みのある(6cm内外)御影石(花崗岩)です。花崗岩は熱膨張・収縮によって角が欠けることが多いんですが、石が分厚いので少々欠けても、かえって味が出てくる感じです(^^)。石の表面は荒めのビシャン仕上げ。路面電車の軌道で使われていた頃はノミ切り仕上げだったはずで、その跡も残っている感じです。

IMG_0326
石の色もかなりばらつきがあって、素晴らしいです。

IMG_0366
で、松屋の前あたりを歩いていて気づいたんですが、舗装が妙に新しい感じ。

IMG_0360
どういうわけか、交差点の切り下げの部分は昔のままの舗装みたいです。上の写真では歩道を左右に横断する目地の向こう側(交差点側)と手前側で舗装の仕上げが異なります。

IMG_0363
向こう側は、角が欠け、表面仕上げの肌理が深く、かつ、表面が擦り切れて艶があります。古くて風格があるい感じですね。一方、手前側は、まだ角がしっかり残っているし、表面を平らにビシャン仕上げしたばっかりで、まだ擦れていない感じで、奥に比べると青二才という感じ(^^;)

IMG_0355
おまけに、石の種類が少なくて、色や肌理のばらつきが少ないので、なんだか安っぽい。銀座の旦那さんがたは、このあたりのことまで目利きできるはずじゃないの?

IMG_0342
銀座のど真ん中、和光ビルの前で舗装の向きが切り替わる部分なんか、昔はこんな仕上げじゃなかったはず。まず目地が広すぎる。それに、写真の中央に小さな三角形の石が2つ向かい合っていますが、昔は、その2つをつないだ形の四角形の石が嵌っていて、石工さんの丁寧な仕事に感動した覚えがあります。

IMG_0338 - バージョン 2
対面の三愛ビルの前はもっとひどくて、左右が全然合っていません。酷い。職人の誇りはどこへ行った?

IMG_0353
一方、数年前に新しくなった照明灯は、とても奇麗です。この照明のデザインは、国際コンペが行われたものです。コンペで選ばれたのは前橋工科大学の松井淳と桜沢拓也

IMG_0327
柱の下部は、亜鉛メッキみたいな迷彩柄の仕上げです。質感が素晴らしいです。

IMG_0330
柱の上部は、ガラスで仕上げられていて、夜には光ります。

IMG_0374
ユニクロの前あたりの舗装は、昔のままみたいでした。新しい舗装も時間が経てば風格が出てくるのでしょうけど、ちょっと格が下がってしまった感じでした(^^;)


位置:
より大きな地図で 景観デザイン事例集地図 を表示


Category:東京都
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LINKS
ARCHIVES