景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 生春巻き | HOME | 生春巻き >>
1passwordでDropboxを使う時の注意点
スクリーンショット 2012-08-28 9.18.00
Macでキーチェーンの同期がなくなってしまったので、1PasswordとDropboxで同じことをしようと思ったら、変な落とし穴があって、同期できないのだった。どんな落とし穴かというと....
 
スクリーンショット 2012-08-28 9.19.30
「Dropboxの使用」ボタンがグレー表示されて押せないのだ。色々調べてみたら、MacAppStoreで購入した1passwordには、「Dropbox を利用して 1Password のデータを同期する場合、1Password のデータは Dropbox 内の決められたフォルダに置かれなければならず、Dropbox のフォルダはホームフォルダ直下(~/)になければならない。」という制限があるのだった。FAQに書いてあった。親切に英語のFAQを和訳してくれた方のおかげです。感謝。
 私の場合は、Dropboxフォルダを起動ディスクとは別のHDDに置いてあるので、こうなるのだ、たぶん。未確認だけど(確認しようとしたらDropboxフォルダを移動することになって、そんな面倒なことはしたくないし、現実問題として起動ディスクに置くことはできないもん)
 やれやれ。

(追記)
シンボリックリンクを使えば解決することを発見

(0) 私の場合、MacBookAirでは標準の場所にDropboxがあって、標準の場所に1passwordのファイル(1Password.agilekeychain)が保存されているが、iMacではDropboxが別のHDDに置いてある、という前提。上記の話はiMacの話です。iMacでの対処方法は以下。

(1) iMacのDropbox内(別のHDD/Dropbox/1Password/)の「1Password.agilekeychain」のシンボリックリンクを作製しておく。作成方法はこちらこちら。両方見てね(^^)

(2) Dropbox内の「1Password.agilekeychain」をWクリックして、1passwordを起動する。ファイルがコピーされて、iMac用の「1Password.agilekeychain」は、Dropboxの外に保存される。当然これでは同期できないし、環境設定の「Dropboxの使用」はグレー表示。これが上記の状態。

(3) ホームフォルダ直下に新しく空のフォルダを作成してDropboxという名前にする。

(4) そうすると、1passwordで「Dropboxの使用」ボタンが使えるようになる(^^;) ボタンをクリックすると、(3) で作製した場所(~/Dropbox/1Password/)に「1Password.agilekeychain」が保存される。

(5) 1passwordを終了する。

(6) (4)で保存された「1Password.agilekeychain」をゴミ箱に入れる。必要ならバックアップを作製しておく。

(7) (1)で作製したシンボリックリンクを(6)で空になったフォルダにコピーする。シンボリックリンクのファイル名は「1Password.agilekeychain symlink」なので、「1Password.agilekeychain」に変更する。

(8) 1Passwordを起動すると、何事も無かったように起動するが、これで同期ができるようになっている。
なお、(1)はエイリアスではダメでシンボリックリンクにする必要がある。

これで、1Passwordが同期できる(^^)

Category:MacときどきWin
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
LINKS
ARCHIVES