景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 弓削神社の屋根付き橋 | HOME | 長浜大橋 >>
iPhoneの写真をGoogleマップに貼る手順
大きな地図で見る
先日、肱川の見学に行ったときに、iPhoneのカメラで写真を撮影しておいた。iPhoneはGPS機能が付いているので、写真に位置情報が記録されている。それを利用して地図上に写真を簡単に貼り込むことができる。河川の景観の調査をしていると、写真の撮影位置を把握、記録することが簡単ではないので(なにしろ、目印がないので)GPSが役に立つのである。
上の地図(GoogleMap)に写真のサムネイルが貼ってあるのが成果である。今日の記事は、この手順の覚え書き。

iPhoneのカメラはあまり品質が高いとはいえず、画角も狭いので、先日紹介したEveryTrailを使うほうが役に立つけど、色々と準備が必要だし手間もかかる。iPhoneで撮影した写真をGoogleMapに貼るだけなら簡単なので、これはこれで便利。たまたま通りかかった場所を記録するときなどは、EveryTrailの準備なんかしていないから、こちらの方法がとても役に立つ。
 
0.準備
(1)iPhoneで写真を撮影するときに、位置情報を利用するように設定しておく。設定が分からない場合は、iPhoneの「設定→一般→リセット」で一旦「位置情報の警告をリセット」をする。
IMG_0005.PNG

(2)その後カメラを起動すると、位置情報を利用するかどうか聞いてくるのでOKする。
IMG_0004.PNG

1.写真撮影
(3)iPhoneで「マップ」を起動し左下のボタンを押して、iPhoneが現在位置を探し当てるのを待つ。
IMG_0006.PNG

(4)写真を撮影する。移動後に再度撮影する場合は、(3)、(4)を繰り返す。

2.写真をPicasaウェブアルバムにアップロードする。
ここでは、MacユーザがiPhoto経由でアップロードする手順を示す。iPhotoを使わないで、直接Picasaにアップロードしても良い。
(5)Picasaウェブアルバムのアカウントを作成する。Googleアカウント、Gmailアカウントを持っている人は、それを利用してログインする。
ピクチャ 90

(6)iPhotoからPicasaウェブアルバムに写真を書き出すためのソフトウエアをここからダウンロードする。ウェブブラウザにSafariを利用している場合は、ダウンロード後に自動的にインストーラが起動してインストールできる。
ピクチャ 89

(7)iPhoneの写真をiPhotoに読み込む。iPhoneをUSBでMacにつなぎ、iPhotoを起動すると、普通のデジカメと同様の手順で撮影した写真を読み込むことができる。

(8)読み込んだら、iPhotoで写真を選択し、「ファイルメニュー→書き出し...」を選ぶ。

(9)書き出しの画面に、「Picasa...」というボタンがあるはずなので、これをクリック。
20081121-1

(10)アカウント情報を聞いてくるので、(5)に基づいてログインする。
20081121-2

(11)新しくアルバムを作成したり、既存のアルバムに追加したりできる。書き出しをクリックすると、アップロードされる。
20081121-3b

(12)アップロードが終わったら、Viewをクリック
20081121-4

(13)ウェブブラウザでアップロードした写真が表示される。初めての場合は、地図が表示されないので、右上の「設定」をクリックする。
200

(14)設定の画面の下部の「コンテンツコントロール」で「Exif位置情報を利用する」にチェックを入れ、一番下の「設定を保存する」ボタンをクリックする。
ピクチャ 90

(15)一番上の「マイフォト」をクリックする。
ピクチャ 91

(16)アルバムが表示されるので、それをクリックすると、今度は地図付きで写真が表示される。地図の下の「マップの表示」もお試しあれ(^^)。
ピクチャ 92

3.写真とその位置をGoogleMapに表示する
(17)上の状態でも十分役に立つが、GoogleMapに貼り付けるために、(16)の地図の下にある「Google Earthで表示」をクリックすると、KMLファイルがダウンロードされる。
20081121-7
Sarariの場合は、ダウンロードウインドウの一覧が示され、右端の虫眼鏡マークをクリックすると、Finderでファイルが表示されるので、ファイルの位置を覚えておく。

(18)GoogleMapを表示する。一番上の「More▼」メニューから「地図」を選べばよい。
ピクチャ 89b

(19)GoogleMapが表示されたら、「マイマップ」をクリック
ピクチャ 90

(20)「新しい地図を作成」をクリック(既存の地図でも良い)。
ピクチャ 91

(21)新しい地図を作成したら「編集」ボタンをクリック。
ピクチャ 92

(22)「インポート」をクリック。
ピクチャ 93
ファイルの選択画面になるので、先ほど(16)でダウンロードしたKMLファイルを選択する。

(23)地図に写真が貼り込まれる(^^)。
ピクチャ 95

(24)地図の右上にある「リンク」をクリックすると、地図をメールで送ったり、<ifame>でホームページに貼ったりできる。
ピクチャ 96

上の画面で「カスタマイズ」をクリックし、<iframe>で貼ったのが、この記事の一番上の地図。

以上。
お疲れ様でした。

(追記)
Sony GPS-CS3Kを購入したら、実に簡単に普通のデジカメ画像にジオタグを書き込めるようになりました。詳細はこちら

(さらに追記)
特集 デジカメ + ジオタグ + GPS (or iPhone) + GoogleMap + iPhoto 09

Category:MacときどきWin
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
LINKS
ARCHIVES