景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< ボタン1つで360度のパノラマが撮影できる RICOH THETA は景観デザインの現地調査に最強のツールかもしれない | HOME | 生協のヨーグルトが復活してご満悦 >>
PhotosynthでThetaを試す

Photosynthは、無料のiPhoneアプリで、iPhoneのカメラで撮った写真をつなぎ合わせてパノラマにしてくれる優れもの。このアプリがiPhoneのカメラだけじゃなくて、Thetaにも対応しているというので、試してみたのが上のパノラマ。使い方をご紹介....
(上のパノラマはRetinaディスプレイのMacのSafariでは閲覧できないみたいで、Retinaの方はGoogle Chromeなどを使ってください)
 
IMG_0990
まずiPhoneにPhotosynthをダウンロードして、ThetaとiPhoneをWiFiで接続し、Photosynthを起動し、とにかくタップする

IMG_0991
画面の右下の、人の胸像のアイコンをタップし、右上の歯車のアイコンをタップ

IMG_0992
Ricoh Theta capture を on にすると、中央下のアイコンがカメラのアイコンから、Thetaのアイコンにかわるので、それをタップ

IMG_1014
画面をタップすると、Thetaからピヨっと音がして撮影完了

IMG_1011
こんなエラーメッセージが出るときは、WiFi接続できていないか、あるいは既にThetaの純正アプリが起動しているので、それを終了すればOK。

IMG_1015
撮影したら、右下の胸像のアイコンに戻って、「ON DEVICE」をタップすると....

IMG_1016
撮れてるので、import....

IMG_1017
全てのパノラマをインポートしようとするので、適当にスキップする。また初期設定ではインポートしたパノラマをThetaから削除するので、すかさずチェックマークを外す。安全のためには、Thetaの純正アプリで先に転送しておく方が安全な感じ(^^;)

IMG_0999
インポートできたら、目出度く閲覧できます。

IMG_1008
Theta純正アプリの場合は、こんな風に広い範囲をギュッと縮めて魚眼レンズ風に閲覧できるんですが....

IMG_1007
Photosynth の場合は、歪まない程度にしか広角にできません。

IMG_0999
shareをタップして公開する事ができます。

IMG_1020
Photosynthのサイトに公開できます。マイクロソフトのアカウントが必要なので作りましょう。

スクリーンショット 2013-11-21 8.53.14
Photosynthのサイトに行って見ると、あるある(^^)

スクリーンショット 2013-11-21 8.54.53
RetinaディスプレイのMacのSafariでは閲覧できないみたいで、Google ChromeならOKでした。右下の<>Embedをクリックすると、<iframe>で、自分のホームページにパノラマを埋め込む事ができます。


iframeのサイズは500x300ピクセルに設定されているので、そのまま貼ると、このように私のブログのサイズに合わない。フレームサイズを大きくしたのが、冒頭のパノラマです。
Thetaのサイトのパノラマも、そのうちにブログに貼ることができるようになるらしいんですが、それまでの間はPhotosynthを使ってみようと思います。


Category:MacときどきWin
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
LINKS
ARCHIVES