景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< Macbook Air のトラックパッドのクリックが調子悪いので調整してみた | HOME | すっぱい梅酒 5連発 >>
琴電長尾線 新川橋梁
_R004040
新川橋梁は、高松琴平電気鉄道の長尾線、学園通り駅のそばにある鉄道用橋梁です。琴電長尾線は明治45年の開通ですが、この橋は前年の明治44年(1911年)に建設されました。
 
IMG_0278
何といっても、橋脚の形が特徴的です。長尾線は単線ですが、建設時には複線化する構想があり、鉄道用地も複線化が可能な幅員で取得されました。この階段状の橋脚は、将来複線化する際に、石積みを追加して橋脚を拡幅することを想定していたのです。

_R004006
橋台は、最初から複線仕様で建設されたので、写真の右側が余っています。

_R004047
上流側は完成形で、丸くなっています。

IMG_0285
下流側も、一番下の段は、丸くなっています。橋脚の基礎は拡幅後のサイズで作られたんですね。

IMG_0290
構造は、5径間の単純桁橋

IMG_0344
主桁は、I型鋼が2本。神戸のカーネギー社に発注されたものです。支承らしきものは無くて、高さ調整の鉄板?を挟んで、桁がボルトで橋脚に止めてあります。

_R004031
横桁は、真ん中が切れて、継いであるんですが、これは昭和20年に狭軌(1.067m)から広軌(1.435m) へ切り替えが行われ、その時に、2本の主桁の間隔が広げられたものです。

IMG_0339
橋脚の途中に、2ヶ所、石を削った窪みがあるのですが、これは改軌の際の支保工の跡とみられています。

IMG_0297
建設されてから、100年以上経っても、現役です(^^)

位置

大きな地図で景観デザイン事例地図を見る

参考文献
「60年の歩み」高松琴平電気鉄道株式会社社史 編纂室, 1970
「香川県の近代化遺産」香川県教育委員会, 2005

(追記)
新川橋梁が選奨土木遺産に認定されました
Category:香川県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
LINKS
ARCHIVES